さつまいもクイズ問題一覧

番号問題文
1サツマイモの原産地はどこでしょうか?
2ヨーロッパにサツマイモを初めて伝えたと言われている人物は誰でしょうか?
3日本に最初にサツマイモが伝わったのは琉球(現・沖縄)ですが、それは西暦何年頃でしょうか?
4江戸幕府に命じられてサツマイモの試験栽培や普及に努め、甘藷先生として有名な人物は誰でしょうか?
5サツマイモは植物分類学上、何科に属しているでしょうか?
6世界で一番サツマイモを生産している国はどこでしょうか?(2019年時点)
7日本で一番サツマイモを生産しているのは鹿児島県ですが、2番目はどこでしょうか?(2019年時点)
8日本で品種登録されているサツマイモの品種数はどれくらいでしょうか?(2021年4月現在)
91987年に川越いも友の会が宣言した「サツマイモの日」は何月何日でしょうか?
10一般的に芋焼酎はサツマイモを原料として製造されますが、一番多く使用されている品種はどれでしょうか?(2020年時点)
11サツマイモを加熱するとデンプンが糖に変わるため甘くなりますが、この時に働く酵素はどれでしょうか?
12江戸時代に出版されたサツマイモ料理集「甘藷百珍」の中で、一番美味しいとされた料理法はどれでしょうか?
13「なると金時」「五郎島金時」「紅さつま」「宮崎紅」「大栄愛娘」はすべて同じ品種から選抜された派生系統ですが、その元となった品種はどれでしょうか?
14サツマイモの甘みは主に2種類の糖類によって構成されています。麦芽糖ともう一つは何でしょうか?
15干しいもの生産・販売は江戸時代後期に始まりましたが、発祥地はどこと言われているでしょうか?
16「いーしやーきいもー、おいもー」という音楽を流しながら、リヤカー等に石焼き釜を積み売り歩く、石焼きいも屋さんが始まったのはいつ頃でしょうか?
17大学芋を作る際に、油で揚げたサツマイモに絡める糖蜜の隠し味としてよく使用されている調味料は次のうちどれでしょうか?
18サツマイモは畑に苗を植え付ける方法(形)によって、イモのでき具合が変わってきます。次のうち数は少ないが大きなイモがとれるとされている植えつけ方はどれでしょうか?
19サツマイモは肥料を与えすぎると、茎や葉ばかり成長し、イモが大きくならない”つるぼけ”という現象が発生することがあります。この原因とされる肥料成分は次のうちどれでしょうか?
20サツマイモの”いも”は植物のどの部分が肥大化したものでしょうか?
21サツマイモはアジア圏でも人気のある作物ですが、韓国語でサツマイモはなにと言うでしょうか?
221940年以前に栽培されていたサツマイモ品種は主に在来品種と言われていますが、次のうち在来品種に含まれない品種はどれでしょうか?
23サツマイモはデンプン原料としても利用されています。次のうちサツマイモデンプンが利用されていない食品はどれでしょうか?
24サツマイモは家畜飼料としても利用されています。次のブランド豚のうち一定量のサツマイモを与えるように基準が明確に定められているものはどれでしょうか?
25生のサツマイモを切ると、切り口から白い乳液のようなものがしみ出てきますが、この物質の主成分は何でしょうか?
262018年11月に日本で初めて発生が報告された病害で、南九州地域の収穫量減少の原因にもなっているサツマイモの病気は何でしょうか?
27「紅天使」「紅優甘」「甘太くん」などのブランド名で売られている人気の品種の正式名称は何でしょうか?
28家庭でサツマイモを保存する際に最も適切な方法はつぎのうちどれでしょうか?
29現在も続く平成の(第4次)焼き芋ブームの火付け役となった、甘くてしっとりしたサツマイモの名称は何でしょうか?
30サツマイモは、炭水化物の他、ビタミン類やミネラル類、機能性成分などが豊かで、穀類と野菜類の両面をもつ栄養バランスのとれた作物ですが、そのため、別名ナニ食品と呼ばれているのでしょうか?