育てる

サツマイモなのにニンジン、紅きらら

お肌のアンチエイジングにおすすめの紅きらら(七福人参/こがね人参/人参いも)というサツマイモ。
サツマイモなのに人参という名前が付いているとおり果肉が鮮やかなオレンジ色です。

一般的に食べられているサツマイモの品種でもβカロチンを多く含んでいますが、この七福人参は果肉の色からも特にβカロチンが多く含まれるのがおわかりいただけるかと思います。
そして、サツマイモは加熱してもビタミンCが壊れにくいのも特徴です。

お肌のアンチエイジング対策としては、飽和脂肪、オメガ3脂肪酸、リコピン・βカロチン・ビタミン類などの酸化防止剤が効果的だと言われますが、その中のβカロチン+ビタミンCの2つを含んでいるところが、サツマイモの良いところでしょう。

七福人参は甘みがあって十分に美味しくいただけるのも良いところです。

あと、そのカロテン含有量の多さから、子供の離乳食にも良いと思って以前は使っていました。
きっと、本当の人参よりも美味しかったのではないでしょうか。

関連記事